• マンション経営はサラリーマンでも行えます

    • 将来的に年金のように安定して収入を得るための方法として、マンション経営を行っている人が増えています。



      売却目的でマンションの購入を行うとハイリスクな投資方法となりますが、あくまでも家賃収入を得ることを目的として経営をすることで、長期的な視点に立って収益を生み出す投資方法となります。



      住居の賃貸に関しては、日本人にとって古くから馴染みのあるものと言えますので、現在ではサラリーマンや公務員の人であっても、年金や生命保険的な意味を含めてマンション経営をしている人が増加しています。マイホームの購入と比較すると、少ない金額の頭金によってマンションの1部屋単位から持つことが可能で、毎月の住宅ローンの支払いをすることで少額の保険料程度の支払いで運営が可能なためにサラリーマンであっても行うことができます。



      収益性の高い立地条件の良い物件を、出来る限り少ない自己資金によって、マンション経営をすることが可能です。
      中古のアパートやマンション経営をするための物件の場合には、ローンを組んで購入することで毎月得られる家賃収入によって支払い金額をねん出できるために、ローンの支払いを差し引いた部分を収入として得ることが可能です。



      金融機関からローンを引き出すためには、条件の良い物件であったり、収益性のある建物、担保評価の出ている物件を使ってマンション経営を行う必要があります。



      金融機関も収益性の高い物件でなければ審査を通してくれないことが考えられますので、計画的に土地の購入を行う必要があると言えるでしょう。



  • 関連リンク

    • マンション経営のメリットと注意点

      最近は、不動産経営、特にマンション経営が人気になってきています。不動産投資の人気の要因としては、最大限にレバレッジ効果を享受できるということです。...

    • マンション経営を始める人が増えています

      手持ちの資産を金融機関に預けている場合であっても、金利は低いものとなっていますのであまり利益を得られるものとは言えません。資産を利用して利益を得る方法としては、マンション経営を行っている人が増えています。...